雑記ブログで収入が上がってきたけど特化ブログの方が良いがする | アフィリエイトで稼いで自由と成功を掴む-アフィホリック

雑記ブログで収入が上がってきたけど特化ブログの方が良いがする

アフィリエイターのイラストに「雑記ブログと特化ブログ」の文字 ブログ・アフィリエイト

こんにちは。アフィリエイト中毒のTAKEOです。

 

さて、私はアフィリエイトを始める際に知識も教えてくれる人もいなかったので何もわからずとりあえず雑記ブログをはじめました。それまでにアフィリエイトをやってみたことも一度もなく(某ASPに登録だけはしたことがあった)、全くの0からのスタートでした。

どうすれば収益が発生するのか、全くわからない状態で数ヶ月雑記ブログを書き続けました。ただ途中で本業のスモールビジネスのサイトを作っていたので1、2ヶ月の間雑記ブログを放置していましたが。

ちなみにクリック以外の報酬自体は2ヶ月目には発生していました。その後半年目くらいから5,000円から1万円位で収益は推移していました。早い人はもっと早く稼げてしまうので大したことはありませんが収益が出ているだけいいかなと言うレベルですね。

それが今月になった月半ばで1万円を突破してきました。着地は2万になるか3万になるかというところですね。

1万円を突破したことで調子に乗った私は、「これは複数ブログを作ってもドメイン代くらいは行けるなw」と思い、今月になって複数サイトを運営し始めました。ドメイン代さえ稼げればサイトを作ってもリスクはないですよね。

 

サイトを量産し始めた理由は特化ブログの方が早く上がるからです。私が2個めに作ったサイトは自分がやっているスモールビジネス関係のサイトなのでアフィリエイト主体ではありません。たまにアフィリエイトリンクも貼っていますが。しかしそのブログで特化ブログの方が上位表示が早いことを実感したためです。大体半年もやればおぼろげながらにアフィリエイトで稼ぐ方法の実態も見えてきてアフィリエイトは逆算してサイトを作ったほうがいいなということもわかってきます。すると同じ記事を投下するならその雑記ブログで出したほうがいいのか特化ブログで出したほうがいいのかという問題が出てきます。

今日はその辺のことを書きたいと思います。

 

雑記ブログでコンバージョンが発生する記事を上げるために書く記事

矢印。収益増大化の図。

 

ブログを始めて数ヶ月立つとコンバージョンが発生する記事が現れます。この記事が稼げる記事ですよね。一時期上がっていてその後全く売れなくなった商品もありますが基本一度売れたものが売れ続ける場合のほうが多いと思います。それならその記事への流入を増やせばいいわけですよね。

そのためには2つの方法が考えられます。

 

一つは、その記事自体の順位を上げること。

もう一つは、その記事に関連する記事を書いて(内部)リンクを貼ること。

 

基本的にはこれだけですよね。関連記事を書くことは順位を上げること自体にも関わりますけどね。

 

そうするとこのコンバージョンを上げるために書く記事が関わってくるジャンルが頭に浮かびます。

この記事で上げられる記事にはこういう(別の)記事もあるよな。上げられる側の記事を1ページ目、さらには1位で表示するためにはどうすればいいんだ?

 

こう考えるわけですね。その結果、上位表示されている記事が特化ブログばかりだということに気づくのです。

例えばWindowsの使い方の簡単なもので1位を取りたいとすると記事は誰でも書けるような記事なんですが1位にいるのはやはりWindowsに詳しい特化ブログなんですね。とすると、僕がやっている雑記ブログで「コンバージョンを発生させるために」書く記事って無駄が多くないか?こう思うわけです。

コンバージョンが上がっている記事を上げたいわけですが、それなら特特化ブログに書けば目的の記事はもっと上がりやすくなるということなんですよね。

雑記ブログを続けていると雑記ブログが特化ブログ化する方向に向かうという矛盾

登っていく階段の写真

これはいわゆるブロガー的な運営をしていると気がつかないと思いますがアフィリエイターとして各商材でピンポイントに攻めるようなことを始めると、この記事特化ブログで書いたほうがよくないか?という記事が雑記ブログの中で出始めるんですね。両方に書いてもいいですし、それも無駄ではありません。しかし時間は限られているのでものすごい暇な時に過去記事を適当にリライトして別ブログで書くということになるはずです。

特化ブログが雑記ブログの筆が止まってしまう要因

特化ブログを始めたことで雑記ブログの筆が止まってしまいました。何か書こうとするたびにこれは別ブログで書いたほうがいいんじゃないか?と思ってしまうのです。そこで考えたのがこの雑記ブログを本来の範囲に限定するということ。一応雑記ブログにもテーマはあって稼ぐために色々書いてきたわけです。しかし別で書いたほうがいいという制約が出てきてしまい、雑記ブログが特化ブログ化する方向になってきたというわけなのです。

この記事を書いた後雑記ブログはアフィリエイト記事がどんどん減ってきてPVを集める目的での純粋な記事が増えています。

雑記ブログが悪いというわけではない

私はもともとアフィリエイトで稼ぐために雑記ブログを始めたのでブロガー的な人気取りのようなことはせずひたすらセールスを含めた記事を書きまくってきました。その結果PV数にしては収益が発生するサイトになっていますが雑記ブログの良さを出せてないサイトになっているのは否めません。雑記ブログはもっと個人を打ち出して人気化させるような用途に合っていると思います。

結論としては雑記ブログはもっとPV数にこだわって運営しほうが良いということです。自分を好きなってくれる読者を集めてその人達がたまにリンクから買ってくれると言うような運営にすべきでしょう。雑記ブログで何かを専門的にやり始めるとやはりそのジャンルに特化したサイトとの競合が発生するわけです。現時点では上位表示には不利です。雑記ブログは検索上位を目指すよりもサイトの閲覧数の増加から収益の発生する記事への流入を狙った方が効率的であるということです。

逆に特化ブログは雑記ブログより人気化するのは難しいのかも知れませんが。

 

まとめ:アフィリエイト目的のサイトを始めるなら特化ブログのほうが良い

集中のイメージ。渦。

雑記ブログから収益を上げるようになってなんですが、完全にアフィリエイト目的で始めるなら特化ブログが良いと思います。選択と集中が現時点では効果を発揮しやすいということです。

 

なぜなら収益の上がった記事をSEOで押し上げるという段階で特化ブログのほうがあがるというジレンマに遭遇するから。同じ記事でも上げやすいのは特化ブログの方ですよ。アフィリエイトを始める際にドメインをたくさんとるのは多少のリスクがあるので雑記ブログで試してみるというのはおすすめです。

また雑記ブログは特化ブログよりメディア的な要素があるのでこれからもずっと運営は続けていく予定です。

 

ひとつ雑記ブログがあると面白いと思いますし、商材の宣伝しかしてこなかった稼いでいるアフィリエイターの方を見るとブロガー的な話題の豊富さを感じない面もあります。

要するに雑記ブログには雑記ブログの役割があってそれを理解した上で記事を投下していかなければならないという話です。

 

リアルタイムで悩んでいる方がいたら参考にしていただければと思います。

こちらの記事も参考になると思います。

雑記ブログはアフィリエイトに向かないのか1年やった感想

 

コメント