Wordpressインストール後のおすすめ初期設定まとめ【使い方】 | アフィリエイトで稼いで自由と成功を掴む-アフィホリック

WordPressインストール後のおすすめ初期設定まとめ【使い方】

ワードプレスのロゴ Wordpressの使い方・設定方法

こんにちは。アフィリエイト中毒のTAKEOです。

 

最近立て続けにサイトを作っています。

何サイトとも作ってきてWordpressの初期設定で鉄板のやり方がわかったのでご紹介いたします。

 

WordPressの初期設定って何もわからないとかなり複雑な感じがするし下手にいじるとサイトが壊れないかとか思いますよね。

しかし実はやることはそんなにありません。

 

まずやることはセキュリティ対策です。Wordpressはサイトを作ると乗っ取りをするために総当たりの攻撃があるそうな。その名もブルートフォースアタック。なんだかカッコいいですね笑

そこでこのブルートフォースアタック対策をいきなりやることがとても重要です。これをやらずに放置していて乗っ取らられたら面倒ですよね。

 

ワードプレスの初期設定はセキュリティが軸になります。それに加えて投稿やサイトの基本設定をやっておきましょう。

 

WordPressをインストールしたらまずプラグインAll In One WP Securityをインストール、有効化する

サイバークライムと書かれた黄色いテープ

ブルートフォースアタックに有効な対策がとれるプラグインがAll In One WP Securityです。

このプラグインにはBrute Forceという機能がついてます。その名のとおりですね。この機能でワードプレスのログイン画面のURLを変更することができます。そもそもブルートフォースアタックが可能なのはワードプレスのログイン用のURLが独自ドメイン/wp-adminと全て同じだからです。

 

このログインURLを変えてしまえばいいというわけですね。これはかなり有効だと思います。

 

All In One WP Securityはワードプレスの管理画面(プラグイン)から導入できます。All In One WP Security & Firewallとなっているかと思います。

私はサーバーがさくらインターネットではじめからインストールされています。さくらサーバーをお使いの方はすぐに有効化しましょう。(インストール不要)

 

Login LockDownをインストール、有効化する

 

次にLoguiin LockDownというプラグインをインストール、有効化します。

これによりログインしようとした者がログインに失敗すると数時間ログイン試行できないように設定することができます。

ちなみに私の環境ではログイン済みの別のPC(クッキーのせいかと思います)ではログイン試行出来るためログインできなくする時間を長めに設定しています。(PC変えたらログイン試行出来るのか不安になってきました笑)

Loguiin LockDownの設定はログインできなくする時間を300分にして、ユーザーネームを間違えても弾く、ログインが失敗した理由も隠す設定にしています。

自分でわからなくなるとハマりますので注意してくださいね。

 

ログインロックダウンの設定

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)をインストール、有効化する

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)はスパムコメントをブロックしてくれるプラグインです。

 

ドメインをとりあえずとってまだしばらく書かないつもりのサイトがありますが、このプラグインはまだいいかなと思って設定していたらすぐにスパムコメントがありました。そのためこのプラグインも早めに設定した方が良いとの判断です。

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)はWordpressアカウントで個人は無料で利用できるので設定しておきましょう。

 

こちらの管理画面からインストール出来ます。

 

セキュリティの基本設定は以上です。Brute ForceでログインURLを変え、ログインIDの間違えでもPWの間違えでも失敗したら数時間弾く。これに対して攻撃するのは至難の技ではないでしょうか。そもそもURLがわからなければログイン試行が出来ません。

 

WordPressで投稿する前の基本設定-サイト、パーマリンク

ノートパソコンとノート

キュリティの設定が終わったらサイトに関する基本設定をしてしまいましょう。

思いつくことで、サンプルページの削除(投稿、固定)、ユーザーネームの変更、パーマリンクの設定、サイトのサブタイトルの変更または削除などがあります。

 

サンプルページの削除(投稿、固定)

 

ワードプレスには作りたてで投稿ページと固定ページに1つずつサンプルページが設けられています。

投稿ページは1回目の投稿で編集して使えばいいですがサンプルページは使わないようなら削除しておいたほうがいいです。

 

サンプルと書いてある関係ないページがあったら信頼度がちょっと落ちますしね。

 

ユーザーネームの変更

 

デフォルトでメールアドレスがユーザーネームになっているためこれを変更しておきましょう。

変更の仕方は管理画面のユーザー>あなたのプロフィールからニックネームを設定し表示名をニックネームに変えるだけです。

 

パーマリンクの設定

 

SEOの観点からパーマリンクは統一されているのが望ましいです。

一般に投稿名、例えば野菜の記事ならyasaiなどが望ましいとされています。しかしSEOには必ずしも根拠があるとは言えない部分もありますので自分の考えでそれ以外がいいと思えばそうしても良いと思います。

 

上記のようにする場合は投稿名を選びます。

 

パーマリンクの設定(ワードプレス初期)

 

以上で基本的な設定は終わりです。

次にやることは投稿を書くことです。ブログはコンテンツが最も重要です。準備が出来たら早めにかく始めるようにしましょう。

 

投稿を書いたら次にやることはバックアップです。ただし初心者の方は色々やるよりもまずどんどん投稿していくべきでしょう。そのため私がおすすめしたいのは初期設定はそこそこにとにかく記事を書いていくことです。バックアップはタイトルと記事全部(ビジュアルでなくテキスト)をメモ帳などで保存してバックアップにしてしまいましょう。それで深く考えずにどんどん進められますよね。最悪コンテンツさえ手元にあればなんとでもなるわけです。

 

またの機会にWordpressで入れるべきプラグイン一覧を書かせていただきます。

 

最低限すべきことということで今回はここまでにしたいと思います。

 

 

こんなに面白いアフィリエイト!!あなたもすぐに始めよう!

 

Wordpressを始めるならサーバーとドメインが必要です。

サーバーは高速なものをはじめから選ぶのが良いでしょう。(グーグルのスピードアップデートも気になります。)

 

当サイトで使用しているのはさくらのレンタルサーバ…今までは遅くてはっきり言って乗り換えようと思っていました。

 

⇒⇒ちょっと高めでも大丈夫な方はエックスサーバーがおすすめ

月額900円(税抜)利用できます。高速でもっともブロガーから指示されているのがこのサーバーです。エックスサーバーを利用して言ると明らかにしているブログは多いですしそのどれもが高速なので間違いありません。今なら一個ドメインがついてくるキャンペーン中です。10年使ったら1万円以上浮きますね。

 

しかし安価が取り柄だったさくらサーバーが最近Wordpressを16倍に高速化した新スペックのサーバーを発表しました。従来と違いSSDを用い全データベースを高速化。新スペックでも同じ値段ははっきり言って激安かも。よって月額515円からWordpressが使えるさくらのレンタルサーバも選択肢の一つかと思います。コスパは優秀ですよね。

高速でアダルトもOKなMixHostもおすすめ!

アダルトサイトを運営している、または運営する可能性があるならはじめからOKなところで契約しましょう。アダルトサイトだけ別サーバーはもったいないです。

私がこれから乗り換えるならエックスサーバーと迷って結局MixHostにするかもしれません。880円(税抜)から利用可能です。

 

3つのサーバーを比較するポイント

・オールSSD/ピュアSSD 全てSSDを使用した高速サーバーならエックスサーバーMixHost

・全データベースがSSD コスパ良好で高速化したサーバーはさくらのレンタルサーバ

・標準プランの容量

エックスサーバー 200GB(X10プラン)
MixHost 50GB(スタンダード)
さくらのレンタルサーバ 100GB(スタンダード)

・どのサーバーも無料SSLはついてます

・アダルトもOKなのはMixHost

※ちなみに私が全ブログで使用している容量は15GBです。50GBには容易には達しないでしょう。

 

これらを考慮するなら、

アダルトサイトを運営しないならエックスサーバー

アダルトサイトを運営するならMixHost

月額515円の低コスト運営ならさくらのレンタルサーバ

がおすすめです。それぞれメリット・デメリットがあります。

しかし総じておすすめなのはやはり(アダルトをやらないなら)エックスサーバーと言えるでしょう。

 

エックスサーバーを申し込む

 

 

 

コメント