閉じる

私は多数WordPressテーマを突かてていますがその一つにGodiosがあります。

めちゃくちゃ早くて素晴らしいテーマですが、唯一色がちょっと気にくわない笑

全体的なデザインはすっきりしていてクールですが色がなんかおかしい。

といわけで色中心ですがカスタマイズのやり方まとめです。個別記事にすると低品質な記事ということになりかねませんので徐々に書き足していきます。

その前に!

Godiosを入れたらまずAddQuickTagのプラグインを入れて公式ページからマーカーなどのCSSとHTMLタグを拾ってくることをおすすめします。せっかく色々文字装飾できるのにもったいない。

Godiosのマーカー、下線など各種タグ

CSSを変更するには

CSSはテーマの編集でスタイルシートに貼るか、カスタマイズの追加CSSにはります。スタイルシートで反映されない場合でも追加CSSに貼ると反映される場合があります。

GodiosのCSSカスタマイズ「色」

色のカスタマイズです。

Godiosのカスタマイズメニューでは背景画像がありましたが色はありませんでした。

Cssに以下を追記します。


body {
background-color:#ffffff;
}

色は#と数字の部分を好きなカラーコードに変更します。

…と思ったらカスタマイズメニューにありました。

「色」に背景色がありますね。その他見出しなどの色を2色の組み合わせで選ぶことが出来ます。リストの丸などの色ですね。

ヘッダーの背景色

ヘッダーの背景色は外観カスタマイズのヘッダー画像から出来ます。ヘッダー画像と同じ色にするといいかもしれませんね。

Godiosのヘッダーはヘッダーを固定するにするとスクロールしてもずっとついてきます。

文字色

#entry-content{
color:#848484;
}

ここもカラーコードを好きな色に変えて下さい。おすすめは灰色です。濃すぎると目が疲れますし、うすすぎても見づらいです。

リンク色は次のように記述します。

#entry-content a:link { color: #0000ff; }
#entry-content a:visited { color: #000080; }
#entry-content a:hover { color: #ff0000; }
#entry-content a:active { color: #ff8000; }

見出し

見出し(↑これ)をカスタマイズすることができます。デフォルトのものは色が辺ですしシンプルすぎます。カスタマイズしておいたほうがいいでしょう。

これもCSSをコピペするだけで出来ますが、もともCSSが残っていて反映されない場合があります。その時はCSSをリセットしましょう。

見出しのCSSをコピペできるおすすめサイトはこちら。

 


この記事がいいと思ったらはてなブックマークに保存しておこう!Twitterのフォローも良ければお願いします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)