閉じる
SEOイラスト

アフィリエイターの王道的な手法の一つとしてペラサイトの量産がありますよね。

そのペラサイトですがなぜか1ドメイン1サイトみたいな定説というか定石があるみたいです。でもこれがどうにも納得できない。

私は人から言われてああそうなのかという性格じゃないんです。だから確かめずにはいられない!

というわけでずいぶん以前(数ヶ月前)から私はペラサイトを作り始めています。それもサブドメインから。

サブドメインといっても一応キーワードをドメインに含めるので1つのドメインを使い回すことはさすがにできません。しかし関連性のあるサイトなら今まで使っていたドメインを惜しむことなく(いや逆にケチだろwwwという話もありますが)つかってサブドメインなりサブディレクトリでサイトを作成してます。

そのサイトは基本ペラサイトというか数記事以内のミニサイトです。

どういうものか見てみましょう。

https://affiholic.com/sakura-blog/

この青文字の部分が元も独自ドメインですね(親ドメイン)。そして赤の部分がサブディレクトリですね。実際にこのサイトあるんです。

このサイト割ながら出来が良い。ただしその理由はテンプレートがいいだけですが…。

でもいいでしょう?

しかも軽くない?

私がペラサイトいいなあと思っている理由の最大のものがこれなんです。

HTMLのサイト軽っ!

めちゃくちゃ軽くないですか?

もう飛びたくなるほど軽いですよね。このサイト(親の方)はWordPressでちと重いです。

まあこんな感じでペラサイトは作れるわけです。ペラサイトといってもゴリゴリのアフィリエイトサイトというかんじではなく「さくらのブログのレスポンシブ化」というテーマで上位表示しようとしているサイトですけどね。実は今サイトの作成にHTMLのペラサイト以外にさくらのブログを使っているんです。HTMLもいいんですが作成に時間がかかりますからね。例えば500文字だったり1000文字だったりのサイトを量産するなら無料ブログが一番効率がいいと思うんです。ただ、収益化の観点から広告なしは譲れないので広告がつかないさくらのブログを使っているわけです。

それはさておきペラサイトの話に戻りましょう。ペラサイトは独自ドメインじゃないとだめという理由は何でしょう。

巷で言われているペラサイトがサブドメインやサブディレクトリではだめな理由

その最大の理由は、ペナルティを受けるから。

ですよね。

なぜペナルティを受けるのでしょうか。サブディレクトリやサブドメインのサイトって作っちゃいけないの?

別にそんなルールはありません。無料ブログなんてほぼ全てサブドメインかサブディレクトリです。アフィリエイターだって時には無料ブログのサブドメインでサイトを作ったりするわけですよね。なんで自分のドメインだけはサブドメインじゃいけないの?

全く説明がつかないと思います。

実はキーワードを含めたサブドメインのペラサイト(といっても記事数は1記事じゃないのでミニサイトか)を作ってみたんです。サイトは公開しませんが、上位表示出来ているんですよね。

作ったペラサイトの順位

モザイクですみませんがある商品+キーワードの2語です。このサイトから数回収益が発生しています。

ちなみにサイトタイトルもドメインもこの2語です。これで上位表示できたんですね。サブドメインですよ?

それでペラサイトの方は上位表示されていて元のドメインの方はWordpressで適当な記事を書いたり気合い入れた記事を書いたりしていたんです。当然ですが全くペナルティなんて受けませんよ。

もちろんそれはペラサイトにどういうSEOを仕掛けるのかという話でもあるんでしょうけどね。まあはっきりとはいいませんが、何もやっていないわけじゃないです笑

スパム的なブラックSEOをしないかぎりそんなにペナルティというのは起きない

あからさまな自演リンクとか全く意味のないサイトからのリンクとかそういうことをやっているからペナルティを受かるんじゃないでしょうか。質の悪いツール記事とかでリンクを当てているからそういうことになるんじゃないかと思います。

私はこういうブラックSEOとそれ以外のSEOの差についてこう思うんですよね。

短期的な利益を追求するか長期的な利益を追求するかだけじゃない?

スパム的なリンクを送ったサイトは早晩Googleに見つかってオシャカになる。そうじゃないサイトはおしゃかにはならず徐々に上がってくる。この違いじゃないかと思います。

ただ名が持ちしても意味がないので上位表示を目指さなければならないことには違いないですけどね笑

というわけで出来るだけ有意義でナチュラルなリンクで上位表示を目指すべきだと思うんです。というかリンクだけに頼らずコンテンツ重視ですよね。

コンテンツに価値があればサブドメインでもサブディレクトリでも関係ない

実は私は当初のメインをサブディレクトリに、長期的には親ドメインをメインに考えて作ったサイトがあるんです。

同じジャンルの狭いほうが目下のメインサイトでそこそこの収益を上げてくれています。

そして親ドメインはそのジャンルの大本というかより広いテーマですがぼちぼち書いていこうと思っていますが今の所全く書いていません。多分20記事行っていないと思う。それでもサブディレクトリの方が伸びてきたらペナルティどころか親ドメインの方も伸びてきています。

そして相互にリンクも貼っていますよ。当然ですよね。兄弟みたいなサイトなんだからwww

はらないわけがないです。単にそうした協力関係にあるサイトというだけであって相互にリンクを貼るのが自然であって関連するテーマでしかも自分で回書いているんだから同じサイト群の一つとして紹介するのが当然なんですね。こういうのがスパムとみなされるわけがありません。

というわけでコンテンツさえ良ければ相互のプラスの影響をしあうというのが自分としては確認できています。

サブドメインとサブディレクトリのSEO効率

サブドメイン同士は繋がっているのでリスクが高い。

それならリターンは?

サブドメインで大量の記事を書いていくことで果たして親ドメインに対するSEO効果があるかはちょっと疑問なんですが。というかまだ判断できる材料がないんですがサブディレクトリに関してはサイトの似たカテゴリーに記事を追加したように相互のプラスの効果があると思います。結局の所ドメイン直下にあるディレクトリなわけですから、googleは別サイトとみなしていないんじゃないか?というのが私の感想とうか仮説です。

Googleはサブディレクトリを同一サイトとみなしている。

これが私の仮説ですね。つまりカテゴリとあまり変わらないんじゃないかと思っています。それならサブディレクトリでペナルティなどありえないということになります。他に何かまずいことをやっているのが原因ですよね。しかし実際にはサイト作成者にとっては自分のドメインどうしをつなぐことによりペナルティを受けるリスクがあるとうい恐怖があると思うんですね。そこが判断のしどころですよ。

サイトタイトルのSEO効果は高い

大雑把に言えばこのブログで5記事くらいさくらのブログについて書くよりもサブドメインなりサブディレクトリでもキーワードを含めたサイトとして作った方が評価される可能性は高いと思うわけです。そのSEO効果を持った文字通りの「衛生(サテライト)サイト」を作ることによって若干のプラスの影響はあるんじゃないかと思うわけです。それでペナルティがあるかどうかはわかりませんが、同じジャンルのある内容を詳しいサイトとして分離しただけですから何らスパム的な要素はないと考えています。

逆にこういうサイトを新しいドメインで取って自分のサイトにリンクを当てたらそれこそスパムとみなされる可能性が高そうですが。

というわけでサブドメインでもサイトタイトルのSEO効果を狙ったペラサイトを作るのは有効だと私は考えています。というか実際上位表示されてますから笑

ぶっちゃけドメインなんてなんでもいい思う

はっきり言ってドメインは重要じゃないと思うんですね。サイトタイトルが重要なんです。

だからtamagoyaki.oomというドメインにスキー大好き.comというサイトタイトルを付けてスキーについてSEO効果を狙っても成功すると思うんですね。だってドメインが重要ならこのサイトだって(伸びてませんがwww)affiholicなんてよくわからない文字列でSEO効果があるわけないですよね。覚えやすいからつけただけなんです。

サイトタイトルとドメインを合わせてSEO対策をして成功しているんですがだからといってドメインに文字が含まれているから成功したのかはかなり疑問だと思うんですね。

ってふと思って調べてみたらこのドメインのサブディレクトリのさっきのサイトすでに上位表示されてましたよw

さくらのブログ レスポンシブ化 検索結果
google検索順位「さくらのブログ レスポンシブ化」

サブディレクトリと親ドメインがそろって入っていますね。ちゃんと客観的な検索順位チェックツールでも4位と表示されています。

たった数日前に作ったサイトですがもう上位表示されていますね。これが維持されるかわかりませんが、おそらくaffiholic.comですでにさくらのブログについて書いていたということと別サイトのSEO効果の2つが原因なんじゃないでしょうか。思ったとおりにうまく行ったようです。そしてサブディレクトリはhttps://affiholic.com/sakura-blog/です。これが日本語でさくらのブログとかならさらに効果があったのか知りませんがおそらく今以上の結果も望めないんじゃないかと思います。(ちなみにサブディレクトリは日本語にしても検索結果上で日本語で出ないです)

これを見ればドメイン(の文字列)はあまり関係ないという考えも納得できますよね?

逆にサイトタイトルは「さくらのブログレスポンシブ化とやらなくていいこと」ですからキーワードを含んでいて効果が高いんだと思います。

このようにサブドメインやサブディレクトリでサイトを作ったからといってSEO効果が低いということもなくむしろ高め合う場合もあると思います。

それにスパムとみなされるリスクは少ないと考えています。危ない橋を渡ったつもりもありません。

結局の所SEOなんて答えはないです。自分で実験して仮設を立てていくしかないのではないでしょうか。

言いたいことは。

サブドメインでペラサイト作ってみたいならしてみれば?

ということですね。

問題のあることをすればサブドメインだろうが単体の独自ドメインだろうが飛ぶと思いますよ。結局自分でやらないことにはわかりません。

そしてさらに言えばドメインの文字列に大した意味がないんならサブドメインだろうがサブディレクトリだろうが関係ないんじゃないの?

とうことなんです。これが私の今現在の仮説であり一応の結論です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)