閉じる

URL正規化…めんどくさ!

SEO効果がある施策の中でもなんだかとっつきづらいのがこのURL正規化です。URL正規化ってなんだか知っていますが?

簡単に説明するとhttpとhttpsのようにsのあるなし(つまりSSLのページとそうでないページ)があるわけですが、検索エンジンから見るとサイト内に2種類のページがあるようになってしまうわけです。

さらにそのサイトにリンクが張られた場合httpのページにリンクが張られるとhttpsのページとは別にページへのリンクとみなされてしまい、SEO効果が分散されてしまうと言われています。それを防ぐために、1つのページにリダイレクトストのがURL正規化の主なやり方です。

スタードメインでURL正規化する.htaccess

スタードメインでURL正規化をするには下記を.htaccessの先頭にコピペしてURL部分だけ変えてください。

RewriteEngine on

RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html

RewriteRule ^(.*)index.html$ https://example.com/$1 [R=301,L]

RewriteEngine On

RewriteCond %{HTTPS} off

RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

以上で終了です。

めんどくさくてやっていなかったのでこれから全サイトやってきます。

URLの正規化はやっただけでPV数が倍増するほどの影響があったので確実にやったほうがいいです。サーバー引っ越しの際にURL正規化が解除されてしまって、大幅に順位ダウンしたことがあります。正規化したらすぐに戻りました。影響の大きいSEO項目と言えるでしょう。

URL正規化できない場合

このリダイレクトの記述でURL正規化できたサイトとできなかったサイトがありました。以下を試してみてください。

wwwのDNSレコードが設定されているか確認する

サブドメインにwwwを入れたURLにIPアドレスが割り当てられているか確認します。DNSの設定がされていなければ、wwwなしと同じIPを設定して下さい。これでできるかもしれません。これでできなければ以下を試してください。

ター坊
ター坊

スターサーバーではwwwは自動的にwwwなしにリダイレクトされるんじゃないかな~、以下の設定はやらなくてもリダイレクトされるサイトもありますね。

wwwつきのフォルダを作詞して次の.htaccessを入れる

スターサーバーの該当サイトのディレクトリ(Wordpreessが置いてあるディレクトリ)に以下の記述をした.htaccessをアップロードしてください。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

example.com部分は自分のサイトのものに変えてください。

 


この記事がいいと思ったらはてなブックマークに保存しておこう!Twitterのフォローも良ければお願いします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)